So-net無料ブログ作成

浅利慶太プロデュース公演 Antigone 千秋楽 [ミュージカル]

16.12.11 アンチゴーヌ 自由劇場

 「ノートルダムの鐘」開幕[exclamation×2]だが今日はストレートプレイ、アンチゴーヌ千秋楽へ。お気に入りの2階席2列目センターでの観劇。どの演目でも全体が観やすい。が、客入り悪いな。

1672.jpg

 いつものように劇場入口には浅利慶太。毎回思うがパイプいすに座る様はジャイアント馬場さんのよう。そしてまたまた松岡修造さん他から花。四季でもやればイイのに。

 1675.jpg

 「この生命誰のもの」で早田を演じた近藤真行。冒頭から一人で長台詞。早田同様セリフで魅せる。実質主役。場を己のものとしていた。将来大物役者になるのでは。

 「アンチゴーヌ」は「オンディーヌ」同様悲劇。野村玲子さんに悲劇はとても良く合うが、他の役者とのバランスが悪かったか。里咲さんも好きな役者であるが、アンチゴーヌ同様バランス悪い。浅利慶太プロデュース公演は役者主義。ならば、パンフレットも役者の出演歴を入れてほしい。ネットで調べれば分かることとはいえ、ファンは記念にパンフ集めてるんだろうし。

 休憩なしの2時間30分。前半途中カットして、後半のノリでやったほうが現代には合うか。ギリシャ悲劇を知らないと前半は退屈。アンチゴーヌの父オイディプス王。私的にはこの名前、ギリシャ神話よりギリシャのエーゲ海、「マンマ・ミーア!」のペッパーターニャのくだりを思い出す。が、アンチゴーヌはマンマ・ミーア!のようにハッピーとはいかず、アンチゴーヌは自分の志を曲げることを良しとせず死を選ぶ。エモンとのラストはアイーダ的。そういえば、「ノートルダムの鐘」のラストはアイーダ的な原作に寄せるのか、Disneyアニメに寄せるのかどちらでしょうか。

 終演後、いつものように竹芝桟橋方向に向うとその「ノートルダムの鐘」の開幕パーティーなのか、関係者を誘導していた。いつか関係者として招かれたい[あせあせ(飛び散る汗)]

アンチゴーヌ野村玲子
クレオン山口嘉三
エモン松本博之
イスメーヌ坂本里咲
ユーリデュス齊藤奈々江
乳 母佐藤あかり
クレオンの小姓古庄美和
衛兵1畠山典之
衛兵2折井洋人
衛兵3山本航輔
伝 令桑島ダンテ
合 唱近藤真行
  
演 出浅利慶太

[soon]浅利慶太プロデュース公演 観劇リンク

浅利慶太プロデュース公演 この生命誰のもの

浅利慶太プロデュース公演 思い出を売る男

浅利慶太プロデュース公演 ミュージカル李香蘭(再演)

浅利慶太プロデュース公演 ミュージカル李香蘭

浅利慶太プロデュース公演 オンディーヌ


ミュージカル ブログランキングへ
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました