So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

祐様のハイタッチ ~レベッカ~ [ミュージカル]

19.2.1 レベッカ シアタークリエ


 社労士会ミュージカル同好会?のY先生にチケットとって頂き、祐様マダムたちに囲まれて男性1人(たぶん)の中、祐様の出待ちデビュー(撮影A先生)






 ハイタッチに感動!!


 祐様のありがとうございます→祐様に圧倒されて拍手→祐様のお辞儀&目線を頂き、周りのマダムたちからの「わぁぁ」


 前列のマダムたちにも祐様は「男性に優しいよ」と話しかけられたり、終了後に、私よりハイタッチ長い&私は見てくれなかったのに?みたいに盛り上がってました。キモいおっさんですいません。。。


 出待ち楽しい。楽しすぎてマキシムの妻、レベッカ並みに内容すっ飛んだ。。。

 

 入口のレベッカ。初見で知識ゼロでの観劇。前方のドセン。炎の意味とレベッカの意味、観て分かった。観る前は「わたし」がレベッカなのかと思っていたら、レベッカ自体は出てこないのね。タイトルロールが出てこないというのも思い切ってますね。

04162.jpg4159.jpg

 初見で知識ゼロでの観劇。前方のドセン。

4161.jpg

 第一幕、森久美さんが頑張っているので、てっきりコメディミュージカルなのかと思って軽く観ていたので、けっこう後の伏線要素見逃してしまったかも。第一幕最終版、舞踏会でミセス・ド・ウィンター(わたし)にマキシムが急に切れた辺りから、ようやくミステリーだったんだと気が付く。

 あれもこれもレベッカ ~わたし~ ヴィランはむしろ、ダンヴァース婦人ではなくレベッカ?ネタバレ的になりますが、炎演出がラストに来るので、やはりダンヴァース婦人?炎でなく、レベッカの絵が動き始めたら面白いのに。もしかしたら、帝劇では大掛かりなセット組んでたのかな。観てないから比べられませんが、小さな箱のほうがむしろミステリー物には合ってるかも。

 第2幕冒頭、曲名わからないけど、祐様がキレて殺害(事故?)を告白する歌がマイベスト。「あなたの子供だって、パパよ うふふっ」って、今また話題の大沢樹生さんを思い出さずにはいられない。まさに名前は言いませんが彼女の勝ちと。

 この後、「わたし」無双。

4163.jpg

 原作呼んでないので、ラストの展開は早い感じ。あえて観ている人にその感じ方を任せたか。素直に観ればマキシムは何もわかってないようでもあり、逆にすべてそうなるように仕組んだようでもある。たまたまそうなっただけかも。

 クールな感じの祐様から憂鬱な祐様、キレた祐様へと変化を見て、なぜかクロックタワーを突然やりたくなった。屋敷の感じやボートハウスの雰囲気(といっても外観だけど)かな。

 

 実は初シアタークリエ。それでもミュージカル好きなのって言わないで(笑)菊田一夫賞の人発見。

4164.jpg

 なので、どれも観たことない。すいません。

4167.jpg

 なぜか、新橋から歩いて劇場へ。新橋には定期的に来てますが、以外とSL広場のほうは久しぶり。日テレ方面に行くことが多いので。




4154.jpg


      男性アンサンブル 女性アンサンブル
マキシム・ド・ウィンター 山口祐一郎   朝隈濯朗 池谷祐子
「わたし」 大塚千弘   奥山 寛 樺島麻美
フランク・クロウリー 石川 禅   後藤晋彦 河合篤子
ジャック・ファヴェル 吉野圭吾   武内 耕 島田 彩
ジュリアン大佐 今 拓哉   田中秀哉 柳本奈都子
ベン tekkan   福永悠二 山田裕美子
ジャイルズ KENTARO      
ベアトリス 出雲 綾      
ヴァン・ホッパー夫人 森公美子   指 揮 宇賀神典子
ダンヴァース夫人 涼風真世      
      演 出 山田和也






スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。