So-net無料ブログ作成

濱田めぐみ 20周年記念コンサート SPECIAL ENCORE [ミュージカル]

16.1.19 Bunkamurオーチャードホール

964.jpg



967.jpg

 さすがのConductor塩田明弘さん。冒頭から圧倒される音量。それでいて、今日はしっとりめ。オーチャードホールの音響は素晴らしい。音に包まれている感じがする。雪の中来てよかった。他のステージの音響さんにもこのクオリティを期待したい。

966.jpg

 舞台上は一輪のバラ。「美女と野獣」「わが家」から開演。一番のお目当て、「イカれた帽子屋」「自由を求めて」のメグの魔女っ娘。久しぶりに「Defying Gravity」、エルフィーに圧倒される第1幕のラストの感覚を思い出した。コレですね。これを聴いてしまうと、「ウィキッド」北海道公演がちょっと不安に。生オケにするだけでもオーディエンスの体に飛んでくる感じが出るのに。でも、苫田亜沙子さんのグリンダに会いに行くぞー。

 メグ四季退団後の初舞台は「ボニー&クライド」。ミュージカルとしては駄作中の駄作であるが、コンサートで改めて聴くとなんて良い曲。メグ&万里生がステージで歌うと、今更ながら気づく。田代万里生さんのウサギ「ごめんなさい、ごめんなさい」も聞けてお得感。また、田代さんの「ウサギ」観たいなあ。

 「マンマ・ミーア!」劇団四季版のCDがあまりにも母音法が酷く聴くに堪えないが、メグバージョンの「マンマ・ミーア!」は温かい。ラストはパンフレットにクレジットされていないコーラスラインから「愛した日々に悔いはない」。やはり、舞台俳優には特別な曲なのか。みんなディアナ演じたいんだろうなあ。

 終演後、濱田めぐみ20周年記念アルバム「Campanula」予約。2枚組なのね。予約の列が1階から2階までの大行列。すごい売上。書いたばかりの直筆「新」サイン入りのポストカードを貰って帰宅。雪の影響はほとんどありませんでした。

971.jpg


セットリスト
 NumberMusicalGuest
 わが家
Home
美女と野獣 
 Stars and The MoonSongs for New World 
 MC1  
 Somedayメンフィス 
 星のさだめ
Written in the Stars
アイーダ 
 あんな人が 
Someoone Like You
ジキル&ハイド 
 愚かな愛 
When Love Comes
デスノート

 MC2  
 イカれた帽子屋
The Mad Hatter
アリス・イン・ワンダーランド 
 自由を求めて
Defying Gravity
ウィキッド 
 罪な遊戯
It`s a Dangerous Game
ジキル&ハイド鹿賀丈史
 MC3 鹿賀丈史
星よ
Stars
レ・ミゼラブル鹿賀丈史
 ダンスしましょう
How` bout a Dance
ボニー&クライド 
 MC4  
 胸の振り子  
 黄昏のビギン  
 Someone to Watch over Meクレイジー・フォー・ユー 
 世界は二人を忘れない
This World Will Remember Us
ボニー&クライド田代万里生
 MC5 田代万里生
MC6 田代万里生
サンセット大通り
Suset Boulevard
サンセット大通り田代万里生
 愛は死なず
Love Never Dies
ラブ・ネバー・ダイ 
 MC7  
 手をすり抜けて
Slipping Through My Fingers
マンマ・ミーア! 
 As If We Never Said Goodbyeサンセット大通り 
 MC8  
 メモリー
Memory
キャッツ 
 MC9 鹿賀丈史/田代万里生
塩田明弘
 ペテン師と詐欺師ナンバー
Dirty Rotten Scoundrels Number
ペテン師と詐欺師鹿賀丈史
田代万里生
 愛した日々に悔いはない
What I did for Love
コーラスライン 
 MC10  
    
 指 揮塩田明弘 
 構成・演出菅野こうめい 
Guestソロ  

 

[soon]16.2.23追記

濱田めぐみ「Campanula」

1048.jpg

 

Campanula

Campanula

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ホリプロ
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: CD

 コンサート会場で予約した濱田めぐみさんの「Campanula」がきました~コンサートで歌わなかった曲も多く録音されています。その中では「シャドウランド」が感動的。客出しで使用していた「マンマ・ミーア」、劇団四季バージョンより遥かに良い出来。特にサム・ビル・ハリーのところ、コレですよ。

 一番期待していた「DEFYING GRAVITY」自由を求めて。グリンダ沼尾さんのセリフ微妙?かも。お疲れな時に録音したのかな。「FOR GOOD」、あなたを忘れない。濱田-沼尾の黄金コンビ。劇団四季のミュージカル曲で一番人気のこの曲。カレッタ汐留、四季劇場「海」に通った、あの時の感動が蘇ります。





ミュージカル ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました